本文では、プロモーション広告を含みます。
暮らし

『ZIP』美髪の秘訣!乾燥の季節のセルフケアを紹介!

寒くなってきて、乾燥が気になる季節になってきましたね。
髪の毛も乾燥しがちで、ばさついて、まとまりにくくなってしまいますよね…。

2023年11月13日放送のZIP内で、美髪を保つヘアケアにつて紹介されました。
街頭インタビューで、美髪の方に声をかけ、実際にしているケアやヘアケア用品について紹介するという形式です。

「手軽さ」、「効果」に対して、番組がランキングにしていましたので、紹介します。

こんな人におススメ

・美髪になりたい。
・乾燥でヘアケアに悩んでいる。
・美髪の人のおススメのヘアケア用品を知りたい。

ヘアケアアドバイザーの佐藤友美さんの解説も含めて紹介していきます。
佐藤友美さんの著書は、こちら ↓ ↓


1位 頭皮のスクラブを使う・入浴前のブラッシング

街の方
街の方
頭皮専用のスクラブを週1回、家で使う。

美容師さんにアドバイスを聞いたところ、髪のケアよりも頭皮のケアをするのがいいと教えてもらったそうです。

頭皮のスクラブは、週に1回自宅で行っているそうです。
3~4分、頭皮にスクラブをなじませて流した後に、シャンプーをします。

スクラブを使うことで、シャンプーの前に、毛穴にある古い角質、汚れ、皮脂などを取り除くことができます。


 

へアケアアドバイザー 佐藤友美さんによると、
・毛穴の角質や汚れを取り除くことで、キレイな毛穴から、太くてまるい毛が生えてきやすくなるそうです。

今ある髪だけでなく、これから生えてくる髪を大事にできるケアです。

 

街の方
街の方
お風呂に入る前に、必ずブラッシングをしている。

 

「髪の大きな汚れ」や「もつれ」を取ってから、洗うことで、シャンプーの泡立ちもよく、シャンプーの量も減ったとの声がありました。
こちらの、リファのヘアブラシプレミアムを使用されているそう。
必ず、ブラッシングしてから、髪を洗うようにしてヘアケアをしているそうです。


ヘアケアアドバイザー 佐藤友美さんによると、
・頭皮マッサージ専用のブラシで、オールバックにするようにブラッシングする。
・先に毛先の絡まりを取ってからすると、切れ毛の減少になるそうです。

 

ZIPランキング

効果 :★★★★★(星5つ)
手軽さ:★★★★★(星5つ)

 

2位 美容師も実践 冷風ドライヤー

街の方
街の方
お風呂上りに、髪を乾かした後に、ドライヤーのモードを温風と冷風に切り替えて、交互にする。

お風呂上りに、髪を温風で乾かした後に、ドライヤーのモードを冷風にして使うと、髪のツヤがよくなり、パサパサが落ち着くということです。
こちらは、美容師さんも実践されているヘアケアです。

冷風をあてることで、髪のたんぱく質が形状記憶となるのもポイントだそうです。

 

ヘアケアアドバイザー 佐藤友美さんによると、
・濡れた髪のままだと、キューティクルが開いたままの状態になっている。
冷風をあてると、キューティクルが閉じてツヤが生まれる。

・しっかり乾かしきった後、「根本」⇒「毛先」に向けて、表面全体に冷風をあてるようにするといいとのことです。

 

ZIPランキング

効果 :★★★★★(星5つ)
手軽さ:★★★★☆(星4つ)

 

3位 ダメージから守る シルクの寝具・ナイトキャップ

街の方
街の方
寝る時は、シルクの枕とシーツにしている。髪への摩擦がよくないと聞いて、一気に全ての寝具をシルクに変えました。

寝ている時の枕やシーツ類から、髪のダメージを守るために、シルクの素材がいいそうです。
おかげで、切れ毛が少なくなったそうです。

街の方
街の方
ママ友に聞いて、シルクのナイトキャップをして寝ている。

つけて、寝ると翌朝、髪のつるつるがすごいそうです。付けないとのとは、全然違うそうです。



寝ている時の寝具との摩擦がよくないので、髪を摩擦から守るシルクの寝具やシルク素材のナイトキャップがおススメです。

 

ヘアケアアドバイザー 佐藤友美さんによると、
・シルク素材は枕と髪との摩擦を軽減します。
・シルクには保温効果もあり、翌朝のバサツキを予防する効果もあります。

ZIPランキング

効果 :★★★★☆(星4つ)
手軽さ:★★★★☆(星4つ)

 

4位 ドライヤーの前後でオイルを使う・トリートメントを揉み込む

街の方
街の方
毎日、ドライヤーの前後でオイルを2回つけている。

こちらの方も、美容師さんにヘアケアの相談をしたところ、毎日「リュクスオイル」を2度塗りすることを勧められたそうです。


 

バニラの甘い香りのオイルです。
毎日のトリートメントも必ずしていて、さらにリュクスオイルを時間をおいて2度塗りすることで、次の日の髪がツヤっとしているとのことです。

トリートメントは、お風呂で塗った後に、髪に揉みこんでから、流すと、さらに浸透しやすくなる。

ヘアケアアドバイザーの佐藤友美さんによると、
・トリートメントを揉みこむと、髪全体にトリートメントが行きわたる。
・目の粗いクシで伸ばすことで、摩擦を減らすことができるそうです。

ZIPランキング

効果 :★★★☆☆(星3つ)
手軽さ:★★★★☆(星4つ)

 

番外編

番外編ですが、ランキング外で美髪にいい食べ物を紹介されていました。

街の方
街の方
豆腐のイソフラボンが髪にいいと聞いたので、6年間毎日、豆腐を食べている。

毎日、豆腐を食べる習慣をしているという若い女性。
豆腐には、おくら、しょうがなど、トッピングを変えて、味つけを楽しみながら食べているそうです。

豆腐は女性ホルモンの不足を補うイソフラボンが豊富に入っている。
⇒老化による抜け毛を予防することが期待できるそうです。

 

ヘアケアを解説してくれたヘアケアアドバイザーの佐藤友美さんの著書
↓ ↓ ↓


まとめ

いかがでしたでしょうか。
どれも自宅でできることばかりで、私も参考になりました。
街の方がどなたも美髪だったので、とても説得力があるヘアケアだなと感じました。

秋冬になって髪も乾燥が気になるので、自宅でできるヘアケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。
一緒に美髪を目指しましょう(*´▽`*)☆



ABOUT ME
mana
30代、不妊治療のため退職した専業主婦です。 現在はレインボーベビーの次女の初めての育児をしています。